帽子のお手入れ方法について



帽子のお手入れ方法について 素材の性質 フエルトの帽子、天然草の帽子ともにとても湿気に弱く濡れると型くずれしますので洗濯はお避け下さい。雨などに濡れた時 雨滴をふるい落とし乾いた布で静かに拭いて風通しのよい日陰で乾かしてください。帽子にほこりがついたとき ガムテープなどで軽くトントンとたたいてほこりを取り除いてください。その後ブラッシングをするとなおよいです。ファンデーションなどの汚れがついてしまった時 帽子のサイズリボンについたファンデーションは歯ブラシなどの小さなブラシでこすっていただくと簡単に取れます。ついてから時間が経ってしまった汚れは薄めて中性洗剤に浸したタオルなどで軽くこすってください。その際帽子本体に水がつかないように必ずサイズリボンの内側に乾いたタオルを当ててください。汚れが浮き出しましたら内側のタオルをきれいなものと取り替え、きれいな水を含ませたタオルで汚れと泡を内側のタオルに含ませるように叩いてください。
 

GROUP

BRAND

  • 水沼ハットデザイナー
    2017年11月
    1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930
    2017年12月
    12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31
    制作中の場合がございますので、直接お店舗にお越しになる際はご連絡くださいますようお願いいたします。